このシャツで効果なしのケースとは?

キルダケスリムで効果なしのケースというのは、キルダケスリムのサイズが合っていない。この場合には加圧力がないために、いくらキルダケスリムの生地がよくても、効果なしとなります。

もう一つが、キルダケスリムを連続で着ていない場合に効果なしということです。キルダケスリムは24時間着用して連日着用を想定して製造されていますので、一日おきであるとか、日にちを置いて着用すると、効果なし、もしくは少しの効果しか実感できなくなります。

キルダケスリムを着ていて、脱いだ時に着ていたところだけが赤くなることがあります。それは加圧のせいなのですが、これがずっと続いていないといけないのです。

加圧トレーニングは上肢制限のトレーニングが10分、下肢制限のトレーニングが15分。合計約25分でもトレーニング効果を獲得できます。その最大の理由は、 血液の制限から起こる筋肉内の低酸素化による『速筋繊維群の強化』です。もう一つは、加圧ベルトで静脈側を強く制限することで、血中の乳酸濃度が上昇し、その結果として成長ホルモンが最大で290倍分泌します。他にもアナボリックホルモン、アドレナリンの分泌が盛んになります。

それをすると、身体の血流が一時的に止まることになり、その後、キルダケスリムを脱ぐとそこが赤くなるとのはとても自然なことなのです。つまり、着たり脱いだりしていたら、赤くにもなりませんので、上記のような効果があらわれません。

加圧トレーニングは上記にもあるように、通常とは違うトレーニングメカニズムで行われるので、低負荷で低レップ(少ない回数)でも筋肥大(筋力アップ)を可能にしたのです。しかも脂肪燃焼体質に変わるというのも特徴です。

キルダケスリムは本当に着るだけなので、体力がない人、時間がない人、通常のウェイト・トレーニングなどが苦手な人など、ダイエットしたくてもできなかった人でもダイエットが簡単にできてしまう燃焼系の身体になるのです。

加圧トレーニングの特徴である、『低負荷』『短時間』という特性が、高齢者、機能的な制限を持っている方、トレーニング初心者までをカバーし、幅広い層の方に、適切な筋力アップトレーニングがインナーを着用し続けるだけで出来るということで、大人気商品となりました。

加圧トレーニングを継続的に行うと血管内皮の柔軟性を向上させる一酸化窒素(NO)が血管内皮細胞に分泌されるというデータがあります。毛細血管を拡張し、血管内皮の柔軟性を向上することで、血液の運搬能力が向上し、血液が運んでいる『熱』『酸素』『栄養』その他免疫系の物質が、スムーズに全身(末端まで)に行き渡ることで、冷えや肩こりなどにもキルダケスリムは効果があります。

>> キルダケスリムの詳細はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする